今回は「動レイアウト機能」を使って、簡単にフォトブックを作成します!


今回は「動レイアウト機能」を使って、
簡単にフォトブックを作成します!

フォトスタジオで撮ったデータをいつかはフォトブックに・・・
でも時間がかかりそう・・・と思っている方は多いのではないでしょうか。

「動レイアウト機能」とは、アプリが写真を判断し、配置を決めてくれる便利機能です。
ONにして、写真をドラッグアンドドロップしようとするとこのような表示が出てきます。

右ページに配置したい時は右側、左ページに配置したい時には
左側の青い部分に写真を入れます。

入れる写真は複数選択も可能です。
右の写真のように、アルバムにバランスよく配置してくれます。

元々、レイアウト枠があるところに入れると、追加されるような配置になりますが、
不要な枠を削除すると、きれいに配置を整えてくれます!

続いて、この矢印マークについて。
写真を入れ替えたい時に使います。
入れ替えたい写真を選択し、矢印マークをクリック。
入れ替えたい先の枠をクリックすれば、簡単に変更できます!

最後に、今回のデザインは素材集から可愛いドット柄を選びました。
左側はそのまま配置してくっきりと、右側の背景はうっすらと。
背景を作る方法も簡単です!
背景にしたい画像を右クリック→位置→背景として配置、を選んでください。
すると、全体に画像が配置され、透明度も高くなり写真が主役の背景になります。

いろいろな便利機能がありますので、
是非試してみてくださいね。

ビスタプリントのフォトブック

詳細はこちら今すぐ、作成する
今井 しのぶ 三重県出身、神奈川県川崎市・横浜市を中心にフォトグラファーとして
ご家族やキッズ撮影を主に活動中。
日テレ「ヒルナンデス」、TBS「あさチャン!」等にも出演。
子育てママ向けのフォトレッスンは、延べ4000名が受講。
専業主婦からフォトグラファーになった経験を活かして、
難しい言葉を使わず、子ども写真を可愛く素敵に残すコツなどを伝えている。
フォトグラファー養成スクールを開講し、子育てもフォトグラファーも
楽しみたいというママの活動もサポートしている。現在23期生が卒業。
2018年10月 神奈川県川崎市にスタジオをOPEN。
2019年6月 株式会社こどもとかめら 設立
書籍 「はじめてのママカメラ 365日の撮り方辞典」、「はじめてのクリップオンストロボ」、 2021年11月29日に発売「ステキに魅せる写真ワザ」
HP:https://www.kodomotocamera.com/

プロが教えます!
いろいろなフォトブックの作り方