飲食店用のデザインテンプレートで、売れるメニュー表を作る方法

飲食店のメニュー表は、お店の利益率やリピート率にも影響を与えます。お店の魅力が伝わるデザインでメニュー表を作れば、売上がアップする可能性もあるでしょう。飲食店用テンプレートで簡単にメニュー表を作成する方法を解説します。

飲食店用のデザインテンプレートで、売れるメニュー表を作る方法

飲食店の顔ともいえるメニュー表。どのようなメニュー表を使用するかによって、集客数や顧客層が変わるだけでなく、利益率にも影響しますので、じっくりと考えなくてはなりません。また、お店に設置するメニュー表のデザインによって、注文率も変化します。
ここでは、飲食店で売上がアップするメニュー表を作るためのポイントや、作り方について解説します。

魅力が伝わるメニュー表を作成するメリット

イタリアンレストランや大衆居酒屋、コーヒーがウリのカフェなど、レストランのコンセプトによって提供されるメニューは異なります。お店の魅力が伝わるメニュー表を作ることで、飲食店にどんなメリットがあるのかを確認しておきましょう。 ・お店の目玉料理を目立たせる
お店に目玉料理があると、それを食べるために足を運ぶ顧客が生まれるなど、メリットが生まれます。評判になればメディアやSNSなどにも取り上げられ、認知度アップも期待できます。
・集客につながる料理をメニュー表に掲載する
魅力的な料理がそろったお店は評判になり、SNSやクチコミ効果などで集客力アップにつながります。また、メニュー表を掲載したチラシなどを配れば、多くの人に「食べてみたい」と思わせることができるでしょう。
・リピーターを増やす料理をメニュー表に掲載する
顧客が料理に満足したら、リピーターとして何度も来店してくれる可能性が高まります。お得なランチセットやディナーコース、定食など、ターゲットとなる顧客が求める料理をアピールし、多くの人々の心をつかみましょう。

メニュー表を作る前の準備

実際にメニュー表を作り始める前に、いくつか考えておくべきポイントがあります。その内容について、具体的に見ていきましょう。 ・コンセプトを明確にする
メニュー表づくりでは、お店で提供するサービスのコンセプトを明確にすることが重要になります。例えば、トレンドに敏感な女性をターゲットにするのであればヘルシーな料理が支持されやすく、食べ盛りの男子学生をターゲットにするのであれば、安くてボリュームのある料理が求められます。
このように、お店のターゲットや雰囲気を考慮した上で、どのようなコンセプトのメニュー表を作成するべきかを考えましょう。
・集客料理を考える
お店の目玉となる集客商品を考えます。集客料理は利益を出すためというよりも、「あのお店にはこの商品があるから行こう」と思ってもらえることに重点を置いて考えましょう。
集客料理は、必ずこれがヒットするというものはなく、お店のコンセプトやターゲット、立地などに応じて検討する必要があります。子供連れの、ファミリー向けのお店であればお子様ランチ、大人に向けたお店であれば、お得な値段のビールといったように、柔軟に検討してください。
・メニュー表に掲載する料理の数を絞る
料理の数は多いほど顧客を満足させられると思われがちですが、一概にそうともいえません。もちろん、豊富な料理数をウリにするお店もありますが、基本的にはそのお店のコンセプトに沿った料理に絞って提供するほうがいいでしょう。
あまりに提供する料理の数が多いと顧客が迷ってしまいますし、お店のコンセプトがぶれることにもつながります。また、材料のロスが発生しやすくなり、利益率が低下する可能性もあります。

メニュー表作成の流れ

掲載する料理が決まったら、お店で提供するメニュー表を作成しましょう。ここからは、メニュー表を作る際の流れと、作り方のコツや注意点を解説していきます。 1.メニュー表に入れる写真を選ぶ
まずは、メニュー表に掲載する写真を選びましょう。文字だけのメニュー表でも問題ありませんが、写真が掲載されているほうが料理のイメージがわきやすく、注文したいと思わせることができます。また、日本語がわからない外国人観光客にも、料理の内容を直感的に伝えることができるというメリットもあります。
すべての料理に写真を添えるのもいいですが、特におすすめしたい料理を厳選して写真を掲載することもおすすめです。目玉料理や利益率の高い料理の写真を掲載することで、注文率を上げることができるでしょう。

2. メニュー表のレイアウトを考える
次に、メニュー表のレイアウトを考えます。写真を大きく使うのか、文字を中心にしてポイントとして写真を差し込むのかなど、さまざまなレイアウトが考えられます。
競合店舗に足を運んでメニュー表を研究したり、メニュー表のテンプレートを参考にしたりして、お店のコンセプトにぴったりなレイアウトを決めましょう。ビスタプリントにはメニュー表のテンプレートがたくさんあるので、目的に合ったものを選ぶことができます。

3. メニュー表に文字を入れる
最後に、メニュー表に文字を入れていきます。メニュー表の基本は商品名と価格ですが、それ以外にもおすすめポイントや料理の内容を掲載するのもいいでしょう。
ただし、あまりに文字が多くなりすぎるとメニュー表がわかりづらくなってしまいます。頼んでもらいたい料理が目立つよう工夫して、文字量とのバランスをとってください。

心をつかむメニュー表で人気店になろう

メニュー表のデザインの良し悪しでお店の人気が左右されるほど、メニュー表は飲食店にとって大切なものです。コンセプトやターゲットに合わせた料理を掲載し、思わず注文し、食べたくなるようなメニュー表を用意しましょう。
ビスタプリントには、飲食店のメニュー表テンプレートが豊富にそろっており、簡単にメニューを作成することができます。ぜひ、ご活用ください。

関連トピック

結婚式のフォトブックの作り方を、初心者向けにわかりやすく解説

結婚式の思い出を、フォトブックに残してみませんか?自分でテーマや写真を選べば、オリジナルのフォトブックを簡単に作ることができます。

もっと読む

結婚式のフォトブックの作り方を、初心者向けにわかりやすく解説

飲食店のホームページを自分で作ってみませんか?飲食店用のテンプレートを使えば、初心者でも簡単にホームページを作ることができます。

もっと読む