集客に役立つショップカードの作り方を業種別に解説

集客に役立つショップカードを自分で作ってみませんか?飲食店、美容院、スポーツジム、アクセサリーショップなど、業種別の作り方のコツや注意点も解説。ショップカードを作って、集客力・リピート率アップを目指しましょう。

集客に役立つショップカードの作り方を業種別に解説

店舗名や住所、連絡先などを載せたショップカードを、名刺代わりに用意しているお店が多くあります。ショップカードは、実店舗でお客様に渡すだけでなく、ネットショップで購入された商品に同封することもできるため活用の幅が広く、何かと便利です。
ここでは、業種別にショップカードを作るメリットと、作り方のコツをご紹介します。

ショップカードを作成するメリット

お店の名刺となるショップカードを作るメリットはさまざまです。その内容を具体的に見ていきましょう。 ・お店を覚えてもらえる
お客様にショップカードを渡すと、その内容を目にして、記憶に残してもらえる可能性が高まります。なんとなく足を運んだお店であっても、お客様の手元にショップカードがあれば、「こういうお店なんだ」とあらためて認知してもらうことができます。
また、ウェブサイトのURLやQRコードを掲載することで、お店の情報を詳しくチェックしてもらえることも期待できるでしょう。
・リピーターにつながる
お客様にお店を覚えてもらえれば、リピーターになってもらえる確率が高まります。お店の近くに足を運んだ際に立ち寄ってもらったり、何かを購入する際に再度ネットショップにアクセスしてもらったりすれば、売上アップにつながるでしょう。
・おしゃれなショップカードなら、クチコミや情報拡散につながる可能性も
おしゃれでセンスのいいショップカードを作れば、クチコミや拡散につながる可能性もあります。友人や家族にショップカードを見せてお店を紹介してもらえたり、SNSなどにアップしてもらえたりすることもあるため、デザインにこだわってショップカードを作ることをおすすめします。

ショップカードを作る前の準備

事前に情報を整理してからショップカードを作ることで、効果をさらに高めることができます。続いては、ショップカードを作る前に考えるべきポイントを解説します。 ・ショップカードのコンセプトを明確化する
ショップカードは基本的に名刺サイズの小さな物です。そのサイズの中でお店の世界観や魅力を伝え、お客様の印象に残すためには、ショップカードのコンセプトを明確にすることが重要になります。
情報を最小限に絞りお店の名前の印象を強めるパターンや、お得な情報を掲載して再来店を促すパターンなど、さまざまな訴求方法が考えられます。どのようなコンセプトがお店に適しているのかを検討してみましょう。
・ショップカードのメッセージを考える
コンセプトが決まったら、ショップカードに掲載するメッセージを考えます。実店舗でもネットショップでも、お客様は複数のお店で商品を比較・検討しているケースが多いです。また、商品は覚えていてもお店の名前は覚えていないというケースもあります。
ショップカードに掲載するメッセージにこだわれば、お店の印象を強く残すことができるでしょう。

ショップカードを作る際のコツと注意点

ショップカードのコンセプトやメッセージが固まったら、実際にショップカードを作成しましょう。ここからは、ショップカードを作るコツや注意点を、業種別に解説していきます。

・飲食店・カフェ向け
飲食店やカフェのショップカードは、お店のコンセプトや提供するメニューによってデザインを考えることが大切です。「イタリアンレストラン」「和食屋」といったことがひと目でわかったほうが、お客様の印象に残りやすくなります。
また、アクセス情報やウェブサイトのURLのほか、予約用の電話やメールアドレスなども記載すべきです。特に、アクセス情報はお店選びの上で重要になるため、最寄り駅なども含めてわかりやすく記載することをおすすめします。

・美容室・ネイルサロン向け
美容室やネイルサロンのお客様はおしゃれに対する感度が高い方が多いため、何よりもデザインにこだわるといいでしょう。ゴージャスなものやポップなもの、ナチュラルテイストなもの、シンプルなものなど、おしゃれなデザインにもさまざまな方向性がありますので、お店のコンセプトやターゲットの好みに合わせてデザインを考えることをおすすめします。
また、担当者の写真や髪形・ネイルの仕上がりの写真などを掲載することで、お店のテイストを正確に伝えることができます。

・スポーツジム向け
ジムのショップカードは、健康的な印象のデザインやスタイリッシュなデザインがおすすめです。男性がメインターゲットのジムであれば、鍛えられた筋肉の写真を使うと効果的なトレーニングができそうな印象を与えられます。
女性がメインターゲットのジムであれば、引き締まったボディの写真を掲載することで、お客様のダイエットや健康へのモチベーションを高めることができるでしょう。

・アクセサリー・雑貨屋向け
アクセサリー店や雑貨屋によく足を運ぶお客様は、おしゃれな物やかわいい物が好きな方が多いので、ショップカードも魅力的なデザインに仕上げましょう。
お気に入りのポストカードやポスターのような感覚で、思わず部屋に飾りたくなるようなデザインにすれば、お客様からの印象もアップします。

ショップカードで、お店の魅力を伝えよう

ショップカードは、お店の印象を決定づけるツールになるといっても過言ではありません。お店のコンセプトやイメージを表す魅力的なデザインを採用して、お客様の記憶に残るショップカードに仕上げましょう。
ビスタプリントは、ショップカードのテンプレートが豊富にそろっており、簡単にショップカードを作成することができます。ぜひ、ご活用ください。

関連トピック

イベント集客ポスターの作り方を、初心者向けにわかりやすく解説

イベントのポスターを自分で作ってみませんか?

もっと読む

オリジナル刺しゅう入りポロシャツの作り方

刺しゅう入りのオリジナルポロシャツを自分で作ってみませんか?

もっと読む