ネイリスト用名刺の作り方を、わかりやすく解説

ネイリスト用名刺の作り方を、わかりやすく解説

爪を美しく華やかに彩るネイリストは、女性に人気の仕事のひとつ。ネイルサロンは店舗数が多く、お客様に名前を覚えてもらい信頼を獲得するためにも、名刺を用意しておきたいものです。 ここでは、ネイリスト用の名刺の特徴や作り方について解説します。

ネイリスト用名刺の特徴

ネイルサロンに勤めるネイリストは、どのような名刺を作るべきなのでしょうか。こだわりたいポイントを具体的に見ていきましょう。 ・ネイルの写真を入れる
名刺にネイルの写真を入れることで、一目見ただけでネイリストの名刺であることがわかります。また、お客様に「このネイルサロンならこんなに素敵なネイルに仕上げてもらえる」と思ってもらうためのアピールにもつながります。 名前や店舗名だけの名刺よりも華やかなデザインになり、強く印象に残すことが可能です。一押しのネイルの写真を入れて、スキルや強みをPRしましょう。

・資格の情報を入れる
ネイリストの民間資格には「ネイリスト技能検定」や「ネイルスペシャリスト 技能検定」「ネイルサロン衛生管理士」などがあります。取得している資格があれば、名刺に資格の名前を入れるといいでしょう。 資格を所有しているネイリストであることを伝えることで、お客様に技術力や信頼を感じ取ってもらうことができます。

・メニューを書く
施術内容や料金など、メニューを重視してネイルサロンを選ぶお客様は多いものです。ホームページやポイントカードなどにメニューを記載している場合でも、名刺に記載することでより親切な印象を与えます。 おすすめのメニューを記載していれば、予約する際やネイルサロンを比較する際に「このメニューを試してみよう」と思ってもらえるかもしれません。名刺の裏などに、施術内容や料金をわかりやすく紹介するようにしましょう。

ネイリスト用名刺作成の流れ

続いては、実際にネイリスト用の名刺を作る際の流れについて見ていきましょう。

1. ロゴを入れる
ネイルサロンのロゴは、名刺に必ず入れるようにしましょう。ネイルサロンの名前を覚えてもらうためというのはもちろんのこと、お店やネイリストの印象を左右する重要な役目も果たすので、名刺のわかりやすい場所に掲載することをおすすめします。 ロゴは自分自身で作成することもできますが、クオリティの高いロゴを用意するため、プロのデザイナーに頼むのもひとつの手です。ロゴは名刺だけでなく、ホームページやお店の看板などにも活用できるため、きちんと作成すべきだといえます。

2. キャッチコピーを決める
どのようなネイルが得意なのか、どのような強みを持つサロンなのか、お客様に覚えてもらうためのキャッチコピーを考えましょう。女性らしく可憐なネイルを得意とする、個性的でオリジナリティあふれるネイルを得意とするなど、ネイリストによって強みや特徴はさまざまです。また、仕事に対する思いや提供できるサービスなども、キャッチコピーの要素として最適です。 お客様に「この人にお願いしたい!」と思ってもらうためにも、お店やネイリストの特徴などを一言でアピールしてください。

3. デザインテンプレートを選ぶ
ロゴやキャッチコピーが決まったら、デザインテンプレートを選びましょう。差別化するためにも、自身のネイルサロンらしさが伝わるデザインにすることをおすすめします。 デザインテンプレートにはシンプルなものから情報量を多く掲載できるものまで、さまざまな種類があります。名刺にどのような情報を載せるかを考えた上で、最適なデザインテンプレートを選んでください。

4. QRコードを配置する
ホームページやSNSなどを運営している場合は、名刺にQRコードを配置することをおすすめします。名刺には載せきれなかった情報に簡単にアクセスできるようにすることで、より詳しくネイルサロンについて知ってもらえるようになります。 また、クーポンなど特典ページのURLをQRコードにするのもおすすめ。もらってうれしい特別な名刺になるため、お客様に喜ばれるはずです。なお、QRコードを配置する際には、その付近に何のページにアクセスできるのかを明記することで、安心して使ってもらえるようになります。

ネイリストの特徴をアピールできる名刺を作ろう

ネイリスト用名刺は、ネイルサロンや自身の特徴・強みをアピールして、お客様に良い印象を持ってもらえるものにするのがポイントです。たくさんあるネイルサロンの中から「ここで施術してもらいたい」と思ってもらえるよう、こだわりの一枚を作成しましょう。 ネイリスト用名刺を作るなら、ビスタプリントがおすすめです。豊富なデザインテンプレートから簡単に名刺を作ることができ、紙や印刷の質にもこだわったお気に入りの一枚を作成できます。 またビスタプリントでは、プロのデザイナーが、ロゴやイラスト等オリジナルデザインを作成する「デザイン作成サービス」ホームページの作成も行えます。ビスタプリントを活用して、ブランディングを行いましょう。

関連トピック

毎日見るのが楽しい!手作りカレンダーの作り方

新しい年や新年度に向けてのカレンダー選びは心躍るものです。

もっと読む

美容師向け名刺デザイン見本

美容師は、独立されても店舗情報が載ったショップカードしか持っていない人が多いのではないでしょうか。

もっと読む