弁護士・司法書士事務所のホームページを簡単に作る方法

弁護士・司法書士事務所のホームページを簡単に作る方法

弁護士事務所や司法書士事務所の集客のために、ホームページを作成することは大切です。ホームページ作成ツールを利用すれば、特別な知識がなくても、すぐにプロ仕様のホームページを作ることができます。 ここでは、弁護士・司法書士事務所のホームページを作ることで得られるメリットと、簡単な作り方についてご紹介します。

弁護士・司法書士事務所がホームページを作るメリット

弁護士・司法書士事務所がホームページを開設することで、事務所の存在を広くアピールすることができます。 具体的なメリットについて、詳しく見ていきましょう。 ・安定的な集客効果が見込める
ホームページは、一度基本となる形を作成してしまえば、あとはほとんど手を入れなくても運用を続けることができます。
弁護士や司法書士に相談をしたいと考えている人はまず、「どこに事務所があるか」を調べようとします。事務所のホームページを作っておけば、地域名や相談したい内容で検索をした人に認知してもらいやすくなるでしょう。興味を持ってもらえれば、こちらから働きかけなくても問い合わせが入ります。
ホームページを作っておくことで、チラシを配布したり、広告を出稿したりする場合に比べて、労力やコストを抑えて長期的な集客効果を見込むことができるのです。
・自分の強みを効果的にアピールできる
相続や登記など、得意とする分野の情報をホームページに掲載することで、「この分野ならこの先生に頼めば安心だ」と思ってもらうことができるでしょう。
複数の弁護士事務所や司法書士事務所の中から依頼先を比較検討する際、該当の分野に詳しい相手に頼みたいと思うのは当然の心理です。得意分野の顧客を逃さないためにも、ホームページでのアピールが効果的です。
・効率良く依頼を受けられる
ホームページに得意分野や依頼を受ける際のステップ、料金目安、事例集などを掲載することで、依頼人とのミスマッチを防ぐ効果が期待できます。
また、メールフォームなどを設置して、あらかじめ依頼の概要を文書でヒアリングできる体制を整えておけば、ある程度の概要をつかんだ上で詳しい話に入れますから、話し合いにかかる労力の軽減にもつながります。

ホームページを作る前の準備

実際にホームページを作り始める前に、事前準備として考えておきたいポイントを2点ご紹介します。スムーズにホームページを作成するために、あらかじめ確認しておきましょう。 ・経歴、得意分野の明確化
弁護士や司法書士としての信頼度を高めるためには、経歴や得意分野を明記することが役立ちます。ホームページに掲載する情報について、あらためて整理しておきましょう。
ただし、あまり文字量を増やして細かく書きすぎると、かえってセールスポイントが見えにくくなる可能性があります。「何を主なアピールポイントにするのか」という点を意識した上で、わかりやすくまとめることをおすすめします。
・集客につなげるための準備
ホームページをより集客に役立てるためには、下記のポイントを意識することが役立ちます。実行可能なポイントについては積極的に行っていきましょう
・ブランディングを意識したデザインを採用する ・公式SNSを開設してリンクを張る
・得意分野に関するコンテンツを充実させる
・独自ドメインを取得する
・スマートフォン対応のホームページにする 特に、ホームページのデザインは、訪れた人の第一印象を左右することのあるものです。「真面目さ」「わかりやすさ」「高級感」「知的さ」など、どのようなイメージを押し出したいのかを考えておきましょう。
名刺や封筒などとデザインを合わせたり、ロゴのイメージに近いデザインを選んだりするのもおすすめです。

テンプレートを使ったホームページの作り方

ホームページ作成ツールに用意されているテンプレートを使えば、専門的な知識がなくてもホームページを作成することができます。 続いては、テンプレートを利用してホームページを作成する場合のおおまかなステップをご紹介します。今回は例としてこちらのテンプレートを使い、説明します。

1.テンプレートを選ぶ
まずは、テンプレートを選びましょう。ホームページのテンプレートは、事務所のイメージを左右するものですから、ブランディングに合致したものを選んでください。操作性の高さやわかりやすさなどを判断するためにも、サンプルのホームページを実際に動かしてみて、訪れた人の立場から検討することをおすすめします。

2. 写真を選ぶ
次に、ホームページに掲載する写真を選びましょう。文字だけのホームページは、堅苦しい印象になってしまいます。事務所や所属弁護士・司法書士の写真を載せることで、イメージをつかんでもらいやすくなります。事務所のイメージに合った写真素材やイラスト、アイコンなどをホームページデザインに活用するのもおすすめです。

3.レイアウトを検討する
ホームページのテンプレートの中には、ブロックごとのレイアウトを自由に組み替えられるものもあります。事務所のイメージや見やすさ、特にアピールしたいポイントなどを意識しながら、適した配置を考えてみましょう。 よくわからないという場合は、デフォルトのレイアウトのまま利用することもできます。

4.テキストを作成する
レイアウトが決まったら、配置に沿って事務所の情報や得意分野といったテキストを入力します。テキストの色は、背景と同化してしまわないように、見やすいものを選びましょう。フォントは読みやすく、イメージに合ったものを使うのがおすすめです。なお、ホームページを閲覧するのは、法律の専門家ではありません。難しい用語などはなるべく避けて、わかりやすい説明を心掛けてください。

ブランディングを意識したホームページを作成しよう

弁護士事務所や司法書士事務所のホームページは、ブランドイメージを意識して作成するのがおすすめです。事務所のイメージに合ったテンプレートを使って、集客効果につながるホームページを作成しましょう。ビスタプリントの「サイトビルダー」なら、豊富なテンプレートに写真や文字を入力するだけで、簡単にホームページが作れます。ビスタプリントで名刺などを作成している場合は、同じデザインを利用することもできますから、是非ブランディングにお役立てください。

関連トピック

飲食店用ホームページのテンプレートを紹介

飲食店のホームページを自分で作ってみませんか?

もっと読む

美容室用ホームページの作り方と、便利なテンプレートを紹介

美容室のホームページを自分で作ってみませんか?

もっと読む